グリンヒルホテル防犯カメラ設置・運用基準
(趣旨)
第1条 この基準は、グリンヒルホテル(以下「ホテル」という。)の館内に設置される防犯カメラの設置及び運用について、必要な事項を定めるものとする。
(定義)
第2条 この基準において防犯カメラとは、犯罪の予防を目的として構内の一定の場所に継続的に設置される撮影装置で、画像表示装置及び録画装置を備えるものをいう。
(設置)
第3条 防犯カメラの設置は、館内の安全を確保し、犯罪を未然に防止する目的を達成するため、最小限度の必要な場所に、最小限の台数を設置するものとし、撮影範囲は、この目的に照らして適切になるよう調整することとする。
(管理責任者及び管理担当者の設置)
第4条 防犯カメラの適正な設置及び運用を図るため、防犯カメラ管理責任者(以下「管理責任者」という。)を置く。
 管理責任者を補佐するため、設置する防犯カメラに防犯カメラ管理担当者(以下「管理担当者」という。)を置き、管理担当者は、ホテル支配人とする。
(防犯カメラ設置等に係る措置)
第5条 管理責任者及び管理担当者は、防犯カメラの設置に際して、次の措置を講ずるものとする。
 防犯カメラ設置区域に防犯カメラを設置している旨を表示すること。
 善良な管理者の注意をもって、防犯カメラの維持管理に努めること。
(画像の取り扱い等)
第6条 管理責任者等は、画像の取り扱いについて、次の措置を講ずるものとする。
 画像は撮影時のままで保存し、加工をしないこと。
 画像の保存期間又は上書き消去までの期間は、原則として最長で14日間とし、当該期間経過後は速やかに画像消去の処理を行うこと。ただし、犯罪行為などの証拠を保全するなどの必要がある場合は、この限りではない。
 画像の再生及び記憶装置からの画像の持ち出しは、管理責任者等または管理責任者等から許可を受けた者が行うこと。また、不必要な再生は行わないこと。
 前各号に掲げるもののほか、画像の不正利用、外部流出、改ざん等を防止すること。
(画像の目的外利用)
第7条 管理責任者等は、次の各号のいずれかに該当する場合を除き、設置目的以外の目的で画像を利用し、又は提供してはならない。
 画像から識別される特定の個人(以下「本人」という。)の同意があるとき。
 人の生命、身体又は財産を守るため、緊急かつやむを得ない理由があると認められるとき。
 法令の定めに基づき、捜査関係機関などより請求があるとき。
(本人への画像開示)
第8条 管理責任者等は、ホテルが定める開示請求書類に必要事項が記入され、本人から画像の開示の求めがあり、その請求理由が相当と認められる場合には、第三者の利益に配慮したうえで、本人に対し、当該画像を開示するよう努めなければならない。
(苦情処理)
第9条 管理責任者等は、防犯カメラの運用等に関する苦情を受けたときは、適切な措置を講ずるよう努めるものとする。
附 則
この基準は、平成25年6月1日から施行する。